強迫性障害

疲れた時には

丹波橋こころの相談室の東です。

いつもこころの日記をお読みいただきありがとうございます。

さて火曜日です。

すでにお疲れを抱えておられる方も

多いのではないでしょうか。

今日は疲れた時にどうしたらいいのかについて考えてみようと思います。

  • なぜ人は疲れるのか

まずこの話からしなければなりません。

なぜ人は疲れるのでしょう。

そんなこと当たり前やん、やりすぎに決まってるでしょ

という声が聞こえます。

その通りです。

私もいつも

疲れを抱えたまま

1週間を過ごすことが多いです。

皆さんのおっしゃる通り、

やりすぎでした。

でも

やり過ぎたと思うのはやり過ぎた後な気がしませんか。

疲れたと感じた時に、

あれはやり過ぎだったと後で反省する。

そうなんです。

やってるときはそれがやり過ぎかどうか

全くわからずにやり過ぎているのです。

そこが問題です。

どうやったらやり過ぎかがわかれば、

人は疲れることがなくなるのではと思います。

 

  • やり過ぎていることをわかる方法

 

この方法は己を知るしかないのでは…と思います。

めちゃめちゃ禅問答みたいになってきました。

しかし、

この方法しかないなぁと近頃深く感じます。

といういのも、

私も先日己を知る機会を得ました。

朝9時から夜の19時まで、

昼休憩1時間をはさんで、

ずっとカウンセリングをしたら、

ダウンしました・・・

お恥ずかしい。

もうすぐ60になりますが、

初めて、

ぎゅうぎゅう詰めのタイムスケジュールで働くことが無理な年になったことを

実感しました。

今頃?

と突っ込まれそうですが、

カウンセリングだけは

疲れないと自信があったんです。

しかも、

去年まで大丈夫だったんです。

なのに今年はできなくなりました。

そうなんです。

今までできていたら、

明日はできると思うのも実は間違いなんです。

今日出来たものは明日できなくなることもあるんです。

そしてよく人は、

今日はたまたま寝不足でとか

今日はたまたま風邪でとか

いろいろ理由をつけたくなりますが、

諸事情があってもできる自分は以前あったんです。

でも諸事情がなくてもできない自分になるんです。

それを嫌ですが、受け止めて、受け入れて、

私は今ここが限界と客観的に自分を見れること。

己を知るということだなと思います。

そして

その日以降はできなかったことは二度としないことです。

そうすることで、

疲れることなく

1日1日を過ごすことができます。

 

  • 頑張らないとだめなんじゃないか。

 

こういう話をすると、

限界を突破することこそ、

人間の存在意義があるとおっしゃる諸兄に出会います。

確かに自分の限界を突破してみる

大事なことです。

それにより、

アスリートの素晴らしい結果や

さまざまな発明などが生まれてくるのだと思います。

しかし、

果たしてそういうすごいことを成し遂げておられる方が

疲れておられるかです。

びっくりするような功績をあげておられる方が

寝具やサプリメントの広告に出られるのはどうしてでしょう。

インタビューを聞いていても、

その日の疲れはその日のうちに解消するようにしていると

おっしゃるのはどうしてでしょう。

そうなんです。

自分の限界を突破するという状況を作るにも

疲れていてはいけないのです。

疲れは様々な行動の支障となります。

よりよい日々を過ごすためには

より良い結果を残すためには

疲れない日々をすごすことがとても大切です。

 

  • 疲れないように過ごすこつ

疲れないように過ごすには

2でも述べましたが、

己を知って、疲れない生活をこころがけることです。

そして3で述べたように、

頑張らないことです。

頑張れば頑張るほど人間は疲れます。

そしてもう一つ重要なのが

マイペースで過ごすことです。

決して周囲のペースに合わさない。

こんなことをしたら空気を読んでないとか

つまはじきにされそうと

心配されるかもしれません。

きっとこの文章を読んでくださる皆さんは

私なんかより、

うんと家族や恋人や友だちの

ペースに合わせて

生きておられると思います。

それはそれでとても素敵なことです。

人に合わせられるって

凄いことです。

でも

他人にあわすと、本当に疲れます。

何とかして、

自分のペースで過ごすように

してみていただけませんか。

はじめは

ちょっとでいいんです。

今日はここだけ合わすのやめよから始めてください。

きっと疲れが少しですが

ましになると思います。

そうやって、

最終的には

マイペースを貫けるようになると

つかれなくなります。

周りを見てください。

マイペースで生きておられる方って

近くにおられませんか。

そういう方って、

実はそのマイペースにみんなが合わせてくれています。

皆さんも自分のペースに周囲の方が合わせてくれる環境を作っていかれませんか。

疲れず日々を過ごせるようになる。

少し考えてみてください。

〇●—————————————————-●○

丹波橋こころの相談室

東  浩子 / HIROKO HIGASI

〒612-0066 京都府京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1

コーポ桃山202

TEL: 075-757-9855 FAX: 075-757-9855

Email: t.cocolo.c.com@gmail.com

URL: https://t-cocolo-c.info/

○●—————————————————-●○

===========================

臨床心理士として32年。

皆さまのこころの健康をご一緒に考えさせて

いただきます。

京都でカウンセリングをお考えの皆さま。

丹波橋こころの相談室に

お越しください。

===========================

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP